子どもの包茎手術後の生活で後悔したいために親が知っておきたいこと

痛みが生じるリスクを把握しておく 子どもに包茎手術をさせるには両親の同意が必要になりますが、安易に同意してしまうと手術後に後悔してしまうことがあります。 子どもの年齢にもよりますが、包茎手術をすることで男性器の状態を正常 …

詳細を確認する

子どもの包茎手術で後悔しないためのクリニック選び

実績が多く評判の良いクリニック 包茎手術を受けるのは大人だけではありません。 子どもの包茎に気付き、保護者が手術を考えるケースも少なくないのです。 特に子どもが手術を受ける際には、後悔のない治療にしたいものですが、そのた …

詳細を確認する

子どもへの不必要な包茎手術で後悔しないための知識

手術が必要な包茎を知っておこう 子どもと大人では、包茎手術の重賞性が全く異なります。 大人の場合は、包茎の状態になっていると自力でその状態を改善することは非常に難しいです。 実際に、無理な対処をしてしまうと後悔する結果に …

詳細を確認する

子どもに後悔させたくないなら包茎手術は受けさせるべき!?

後悔しないためにも包茎手術が必要かどうかを見極めよう 女性から包茎を指摘されるとトラウマになってしまうこともあるので、後から後悔しないためにも子どものうちに包茎手術を受けさせる親も少なくありません。 しかし、男の子は生ま …

詳細を確認する

子どもが成長して後悔したくないなら!親が考えておく必要もある子どもの包茎手術

男性にも女性にも性に対する悩みはありますが、男性の悩みの多くは陰茎に関連するものです。
例えば、ペニスが包茎の状態の場合には何かと不便なものです。
包茎にもいくつか種類がある中で、手術が必要なものと必要でないものが存在するでしょう。
包茎手術は、大人だけでなく子供が行うケースもあります。
親としても、子供の成長が気になるところです。
もし子供が成長して後悔したくないと考える場合には、手術が本当に必要かを冷静に判断して治療を行う必要があります。

今回は、子供が包茎手術をするべきかどうかの判断基準を理解しておくとともに、実際にどれぐらいの費用がかかるのかそして痕等が残らないのかも見て行きます。

それぞれの包茎の状態を理解する

子供が包茎の場合には、将来手術をしなければならないと考える親もいます。
早いうちに手術をしておかなければ、後悔をすることになるだろうと親は考えるわけです。
確かに、ある程度成人してから行うよりも、小さな家に芽を摘み取っておいた方が良いかもしれません。

包茎手術をするといっても、場面によっては全くしなくても良いこともあるため事前に基本的な情報を確認しておきたいところです。
まず、子供自身が包茎でも大人になったらそこから脱するケースもあります。
子供の家は皮が余っており陰茎の部分がまだ小さいためほとんどの子供は包茎状態です。
これを見て、将来は包茎に違いないと焦って判断してしまい、治療をするのは判断が早すぎます。

一般的に、中学生から高校生位になりはっきりと皮がむけた状態になります。
早ければ小学校高学年位から皮がむけた状態になるでしょう。
この時間に皮がかぶっていたとしても焦る必要はありません。

なぜなら、手術をしなくても良い包茎もあるからです。
例えば仮性包茎の場合には手術をしなくてもそれほど問題ないケースがほとんどです。
多くの場合、生活をするときに支障をきたさないだけでなく、性行為をする場合も特に問題ありません。
見た目はそれほど良くないものの、人によっては全く気にしていない人もいます。
それにもかかわらず、わざわざ手術をする必要はないでしょう。

カントン包茎や真性包茎の場合はどうか

包茎手術といっても、カントン包茎になっている場合や仮性包茎ではなく真性包茎になっているケースもあります。
この場合には手術をした方が良いといえます。
特にカントン包茎に関しては陰茎の部分を皮が圧迫してしまいそのままにしておくと後悔することになりかねません。
小学生の状態でカントン包茎になってしまう例はあります。

例えば、親が心配して皮をむいたところ下まで下がらず亀頭の部分の半分位で止まってしまった場合です。
この場合には、先端部分に血液が溜まってしまい問題が生じるため早めに病院に行ったほうが良いでしょう。
できれば、親としては特に手を加えずそのままの状態にしておいた方が良いといえます。
つまり男の子が生まれた場合でも、小さいうちに包茎であることを問題視する必要はないと言うことです。
その一方で、本人が無理して皮をむいてしまいそれが原因でカントン包茎になるケースもあります。
この場合も、すぐに治療をした方が良いでしょう。

真性包茎に関しては、そのままの状態だと不潔に感じるため、大人になってから後悔することも考えられます。
この後悔を減らすためには、物心がついたあたりから包茎手術をしてみると良いかもしれません。

傷跡や料金も知っておかなければいけない

真性包茎あるいはカントン包茎になっている場合は多くの場合手術をした方が良いといえます。
この時、一体どれぐらいの費用がかかるのか気にしておかなければいけません。
基本的に子供の場合は、大人よりも安くなっているケースが多いです。
よく市町村等で、15歳までは保険料が無料のところもありますが、手術をする場合は少し別になります。
つまり、無料で手術をすることができません。

それ以前に、そもそも保険が適用される事態なのか問題になります。
それをしなければ身体に著しく損傷が加えられる状態の場合には、風邪をひいた場合の分と同じように保険が適用されるケースといえます。
よくあるのは、仮性包茎で手術を急がなければならない場合です。
一方これに対して、特に身体的に問題がない場合には、保険が適用される可能性は少ないと言えるでしょう。
しかしそうであっても、子供が手術をする場合には料金が安くなる傾向にあります。
大人ならば200,000円だとすれば、子供は150,000円前後で抑えられる可能性があります。

傷跡に関しては、クリニックによっては目立ってしまうようなところもあるかもしれません。
これに対して、腕前の良いところは傷が目立たないように配慮しているため本人でも傷跡に気がつかないケースが多いです。

まとめ

包茎手術をする場合でも、大人ではなく子供の場合どのようにしたらよいか問題になります。
基本的に、小学生位まではほとんどの子供は真性包茎となっており、わざわざこれを問題視して焦る必要はないでしょう。
中学生ぐらいになると、陰茎の先っぽ後頭の部分が大きくなってくるため皮が剥けます。
完全に皮が剥けない場合もありますがそれでも生活に支障をきたす事はありません。
この場合には、早い段階で包茎手術をしないと後悔をすることになりかねません。

生活に支障をきたす場合とは、カントン包茎や真性包茎の場合です。
特に申請保険の場合は施術が急がれるところでしょう。
1回あたりの包茎手術は150,000円位になります。